当たる!競馬ネット予想ブログ!
独断による競馬メインレースの予想・穴馬・騎手情報をネット発信します!
 
更新情報
予想発表!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京成杯 中間情報①
京成杯 中間情報①

 今週末、中山で行われる京成杯。先週のシンザン記念に続き、よくわからない3歳馬。しかし、シンザン記念は馬券的中させたので今回も狙っていけるようじっくり見ていきたい!入ってきている情報をまとめておこう。 

<マイネルチャールズ>
 中山で2戦2連対。皐月賞候補に名乗りを上げる。葉牡丹賞では前をとらえ切れず2着。続く前走ホープフルSでは、強敵ブラックシェルなどを下して2勝目。その後は放牧のプランもあったが、疲れがないことを確認されて出走。
 白倉厩務員は「いい状態をキープしている。丈夫な体をしているし、心身ともに心配はない」と話す。課題を挙げるなら速い時計への対応だが、一戦ごとに力を付けているだけに克服可能だろう。
 ポリトラックで松岡騎手がまたがって単走で追われた。5F 64.8-12.2(いっぱい)。前半から軽快に飛ばし、ゴールまで力強く伸びた。松岡騎手は「けいこは動かないタイプかと思ったが、これだけ動けば十分。相変わらずやんちゃな馬だけど将来性は十分ある」と期待を寄せていた。
 人気は出そうだが、有力馬にはちがいない。

<プラチナメーン>
 前走の阪神ダート戦でレコード勝ち。底知れない破壊力を武器に中山へ。徳江助手は「現時点で素質を半分も生かし切れていない。ダートから芝、未勝利勝ちの立場だが、やれても不思議はないかな…と思っている。輸送も心配ない」と自信をあらわにした。
 17日、栗東Dウッドコースで追い切りを行ない、ゴールデンルーヴェ(3歳新馬)に半馬身先着。時計は5F 68.3-13.3。「時計は地味ですが、ケイコは目立たないタイプですから。デキは平行線。かなり能力を秘めているので、そのあたりに期待」と牧浦助手は話していた。
 人気はあまりでなさそう。力のいる馬場になったら怖いかも。

<リトルアマポーラ>
 デビュー2連勝中。果敢に牡馬相手の重賞へ挑戦。過去2戦とも上がり3F 34秒台という非凡な末脚は、強敵にも通用して不思議ない。
 中川助手は「ムキにならないから、しまいでいい脚を使える。長距離輸送がどうかだが、距離延長は問題ないし、カイバも食べて順調だから」と好勝負を予感していた。
 昨年の3歳馬は牝馬の強さが目立ったが、今年の3歳馬はどうか。展開次第か。

<ドットコム>
 初芝、キャリア2戦目のホープフルSで3着に食い込む。大きな上積みが見込める。初戦は能力だけで勝ったように粗削りの走りだったが、2戦目は好位につけてセンスの良さを見せた。
 「前走の疲れはなく、動きに素軽さが出てきた。いい意味で遊びのある馬だが、精神面もだいぶ成長してきているし、楽しみはある」と斎藤助手の評価も高い。
 前走の走りは評価できるか。侮れない1頭。

<ショウナンアクロス>
 発馬が鍵になる。この中間にゲート練習も積んできた。スタートを五分に出た2走前の百日草特別は、好タイム(1分47秒8)で逃げ切り勝ち。
 大久保洋師は「ゲートでもたれるので、いつも出遅れる。ポンと出て行っちゃえば落ち着いて走れる。2勝馬が4頭しかいないメンバーだし、チャンスはある」と、巻き返しの手応えをつかんでいる。
 坂路3本目にカームブレイカー(古馬1000万)と併せ。3馬身ほど追走し、1馬身差まで詰めたところでゴール。最後まで馬体を併せることはできなかったが、タイムは4F 52.9-11.8(馬なり)とまずまず。
 大久保洋師は「先週速いところをやっているし、無理させる必要はなかった。状態はいい意味で平行線。ゲートさえすんなりなら」と、2走前の逃げ切りの再現を狙う。
 スタート次第で明暗分かれるか。

<アイティトップ>

 デビュー2連勝。スタミナを武器に初タイトルを狙う。前走の寒竹賞は大外を回っての差し切り勝ち。
 矢野照師は「もともと心臓がいいのは分かっていたが、早めに動き始めて最後まで伸びた前走は収穫十分。取りえはスタミナだね」と目を細めた。前走の馬場入り時に見せたイレ込み癖が解消できれば、3連勝も十分だ。
 主戦の丹内騎手を背に坂路で単走追い。時計はエラーとなったが、動きは軽かった。中1週とレース間隔は詰まっているが、特にいれ込みもなく好気配。「800メートルの時計は推定で52秒台。いい意味で前走の出来を維持していますよ」と丹内騎手。3連勝での重賞制覇となれば、クラシックがグンと近づいてくる。
 有力馬の1頭と見る。自在性がありそう。

<ランチボックス>
 ラジオNIKKEI杯2歳S9着。坂路でしまいだけ仕掛けられ、4F 55.2-12.3をマーク。
鳴海助手は「先週びっしり追ってるので予定通り。中山は初めてだが、輸送でイレ込むタイプではないし、力は出せる」と前向き。前走は崩れたが「道悪が思ったよりこたえたかも。良なら2走前くらい走れていい」と巻き返しに意欲を見せた。
 良馬場ならこわいかも。

<ダンツウィニング>
 16日に坂路で追い切られた。内シルクドラグーン(古馬1600万)との併せ馬で1馬身半先着し、4F 53.1-12.1の時計だった。
 上籠助手は「年末に使ってから、ひと息入れてリフレッシュ。追うごとに良くなってるし、前走(ラジオNIKKEI杯2歳S6着)も不利があったが、着順ほど負けてない。スムーズなら楽しみ」と巻き返しに手ごたえありの様子だった。
 成績だけを見ているとやられるかもしれない。気をつけろ!


 各馬順調な仕上りだが、分からない‥‥。難しい予想のなりそうだ。






【闇馬券】驚異の的中法則で狂瀾怒涛の的中ラッシュ!!馬券年収1000万集団の究極情報!!




【競馬スクープ】夢の競馬解析理論が遂に完成!!

平均的中率80%を誇る「券豪ver.1.81」の驚異的破壊力を体験せよ!!












スポンサーサイト

テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keiali0446.blog102.fc2.com/tb.php/176-786823f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。