当たる!競馬ネット予想ブログ!
独断による競馬メインレースの予想・穴馬・騎手情報をネット発信します!
 
更新情報
予想発表!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンザン記念&ガーネットS 中間情報②
シンザン記念&ガーネットS 中間情報②


 9日、各馬の追い切りが行われた。

●シンザン記念
<タケミカヅチ>
 美浦坂路でシャープな反応。計時不能ながらも、鋭い伸びを披露。重賞制覇を狙う。リーサムクラウン(3歳未勝利)を先行させ、3馬身後方から追走。ゴールラインでは併入に持ち込んだ。大江原師は「併せた相手も動く馬。ラスト2ハロンはやっておきたかったし、予定通りだろう。放牧先でも乗りこんでくれたみたいで、すぐに速い時計が出せた。疲れも取れているだろうし力は出せる。能力はあるし、息させ持てば」と好感触。

<ミリオンウェーブ>
 Cウッドコース、6F 83.1-12.4終い重点。小倉2歳S2着後、結果が出ていないだが9日の追い切りはなかなか優秀。追われてから力強く反応した。「ここ2戦は、ただみんなと一緒に走ってきただけといった感じ。だから今回はメリハリをつけて、しまい勝負の競馬をしてみる。追い切りもそんな感じでやったけど、動きは良かった」と宮本師。それで、やる気を出せば大変身もありうる。

<ラインプレアー>
 坂路、4F 53.6-12.8余力残し。ダートで2勝を挙げているこの馬にとっては芝が最大の課題。「もう体は仕上がっているので強め程度で十分。前走は短い距離ということもあるが、なかなか味な内容。芝もこなすと思う」と松永昌師は話した。

<ドリームガードナー> 
坂路、50.9-14.2。朝日杯FS12着。テンから飛ばした分、ラストは遅れたが、途中からパートナーのシルクレセプション(3歳500万)が脱落するほどのスピードを披露。ゴール前では2馬身の先着だった。「速くなったので最後は仕方がない。この時計で動いているのだから体調面の問題はない。前走は帰厩して10日で勝った反動があったのかも」と中村師。レースでは鮫島騎手とのコンビとなる。

<ウイントリガー>
 坂路、4F 55.9-12.6。朝日杯FS10着。藤田騎手が騎乗して追い切られ、ウインボールド(古馬1000万)に1馬身の先着。動きはマズマズだった。榊原洋厩務員は「前走の敗因は流れに乗れなかったことに尽きる。プラス16キロといっても、そう太くはなかった。いくらか絞れているだろうし、京都に替わるのもいい」とデイリー杯3着の舞台に期待を寄せていた。

<マヤノベンケイ>
 未勝利戦から3連勝で参戦する。Dウッドで追い切られ、抜群の気配をアピール。時計的にも前回時を上回り、指示通りに反応を見せてフットワークは軽快。見届けた梅内師も「こんなスムーズに追い切れたのは初めて。距離が微妙というより、カギは折り合いなんだよ。持ち味のスピードで本能的に前々の競馬をしてくれるはず」と期待を寄せた。

<ドリームシグナル>
 坂路、4F 54.1-38.6-24.6-12.2。重賞初制覇へ向けて好仕上がりをアピール。前走・朝日杯FS(4着)の最終リハではテンから飛ばしすぎてラスト13秒9と失速していただけに、この日の完ぺきリハに西園師も納得の表情。「今日はメリハリがついて、しまい弾けてくれた。G1のあとの疲労回復が速く、ここ目標に態勢は万全」(同師)。新コンビの岩田騎手は先週に続いて、この日も志願の追い切り騎乗。「反応が良かった。瞬発力がある」と好感触はつかんでいる。京都金杯制覇で最高のスタートを切った岩田が2週連続の主役となるか。

 ここまで来ると楽しみが更に増してくる!とりあえずは明日の出走予定馬の決定を楽しみにしたい。


●ガーネットS
<トウショウギア>
 坂路で順調に追い切りを消化。前走から中7週と間隔は空いたが、脚取りは軽快。池上助手は「しまい重点の追い切り。この時期にしては仕上がっている。斤量(58・5キロ)が応える馬ではないが、あとは他馬との比較だけ」と話した。内めの枠が理想。うまく壁を作って行ければ好勝負だ。

<ヤマノルドルフ>
 坂路、単走、4F 50.1-11.9(馬なり)。内房Sを勝って以来の復帰となる。パワフルな走りで力は出せる出来。相沢師は「いい状態で出せそうだね。予定通りに調整できた。今回はオープンに昇級初戦だから、ペースに戸惑わなければ」と語った。

<アンバージャック>
 Cコース、最後までびっしりと追われて併入した。近走は大敗続きだが、出来そのものは良好。中野隆師は「追い切りはびっしりやれたし、いい動き。体調は前走よりも上向いている。ダートも決してダメとは思っていないよ」と好感触。

<タイセイアトム>
 坂路、52.7-12.3。初OPとなる。調教に騎乗した渋田助手も、改めて能力の高さを実感していた。「食欲はおう盛だし、前回が80点なら今回は90点の仕上がり。本当に良くなるのはこれからだと思うし、今の時点でこれだけやれてるのだから先々が楽しみ」と期待いっぱいの表情で語った。ハンデも54キロなら裸馬同然。激走は間違いない。

<ニシノコンサフォス>
 坂路、4F 51.4-12.8。中山の千二で【2・1・1・0】と高い実績を残す。本番にも騎乗する和田騎手は「調教は初めて乗った。息があがると思ったが、馬場が一番悪い時間帯を考えれば(タイムは)上等だった」と合格点を与えた。宮本師も「うまくまとまった追い切り内容でした。今回、57キロで出走できるのもいい」と笑顔だった。

<マイネルアルビオン>
 坂路、4F 48.9の好時計をマーク。昨秋から約5カ月ぶりに戦列復帰したものの京阪杯11着、尾張S11着と結果が出ない。初のダート戦で復調のきっかけをつかもうとしている。坂路1本目に800メートル61秒0で脚慣らしを終えると2本目は前半から積極的に飛ばし登坂を開始。体全体を大きく使った走法で斜面を一気に駆け上がった。畠山吉師は「出走順位では微妙な位置だが入れば使う。けいこで走るからダートも大丈夫というような単純なものではないが、いい機会なので試してみたい」と意欲的だった。

 波乱を予感させるレースなのでわくわくする!こちらも出走馬の確定をまずは楽しみにしたい。





現役競馬関係者が語る極秘情報を無料で提供




「もう1─3着病は嫌だ!」そんな方は馬三郎で馬券上手になろう!



スポンサーサイト

テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://keiali0446.blog102.fc2.com/tb.php/165-a370d23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
1月10日 船橋競馬第10回 船橋競馬 4日 【7R 駿風スプリント】 03.01.05.02 【10R 初茜特別】 09.05.06.04 【11R 千葉テレビ放送盃】 08.06.09.01. シンザン記念&ガーネットS 中間情報?だから今回はメリハリをつけて、しまい勝負の競馬をしてみる。追い切りも..
2008/01/10(木) 08:56:05 | 無料競馬予想と無料競馬予想ソフトについて
G1EEEGUxXt&#12316;JC?ōG1?Bł±...
2008/01/13(日) 06:08:22 | Tj[X?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。